The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
映画 クロサギ
2008-03-15 Sat 20:19
こんばちわ

Pちゃん明大留年ドンマイ!こういうこともあるよ!
4単位の差だって、惜しいぃ~~~
ヤバイって、「情熱大陸」で言ってたもんね。

でも大学と芸能活動の両立ってものすご~~~く難しいと思うし。
Pちゃんは頑張っていたと思います!
9月に卒業っていうのもアリなの?
とにかく次こそは卒業してくれると信じています



今日は「クロサギ」の2回目を見に行ってきました

なんかね、2回目のほうが面白かったような気がする!(もちろん内容は同じです。笑)

2回目はもうストーリーの流れはわかっているので、
細部にも注目して 余裕をもって見れたんだと思います

だからぜひ何回も見てみましょう(笑)


ただ、公開前に映画館に置いてあった「クロサギ」のでっかい看板が、
今日行ったらなくなっていたのがショックでした
「スシ王子」に変わっていた~~~!!(そこはジャニーズ専用スペース?)

「どうせまた来るだろう」と思って 写真とっておかなかったんです!
ガーーーーン 一生の不覚・・・



まだ見ていないお智達もけっこういるみたいで、感想書くの
気が引けていたんですが・・・

忘れないうちに書いちゃいます!
セリフはできるだけ覚えましたが、多少の言い回しの違いがあると思います、あしからず・・・
完全ネタバレです(しかも長文)注意してください


オレは、どこに行きたいんだ

―――「そのあとどうするんだ?」

どこに向かっているんだ・・・



Pちゃんのアップで始まる「クロサギ」
もうこのセリフ、Pちゃんの甘~い華声できいただけでズキューン

このシーンはラストとつながっていて、このあと一気に遡って
またあの新川(杉田かおるさん)をだますシーンにうつるわけです。

杉田さんも、なんちゅー損な役回り(笑)
全部同じ車のナンバー「31-96」(再・クロ?)を見ると、映画館でちょっと笑いが・・・
トラックで走り去っていくとき、「そうだよ~、ピース
これはきっとアドリブね?


そのあと桂木さんに刀を突きつける緊迫したシーン・・・と思ったら「ごっご遊び」だったという、
まだ序盤は軽い感じではじまりますね~。

で、ここで桂木さんがマッチを使う場面があったのは、
さくらさんとのロマンスがあったからなんですね~

桂木さんの恋愛話は新鮮でした(笑)
さくらさんは最後にライターをプレゼントしたけど、それは受け取らず姿を消した桂木さん。
きっとさくらさんのライターでしか、火をつけたくないんだろうなぁ・・・
でも、「なんでライター使わないんですか?」と聞かれて
「うん?・・・忘れた」って答える桂木さん、カッコイイ!!



桂木さんといえば、「ジュリアス・シーザー」の本を読んでいて 黒崎に言った言葉が印象的!
(裏切られて殺されたシーザーに「よくある話だ」という黒崎に)
「そう?仲間に裏切られて殺されるって、どういう顔して死ぬんだろ。
ちょっとやってみてよ」



このあと、飯島さん演じるレイコに「騙し取られた金、騙し取り返してやるよ」
っていうPちゃんの顔(俯瞰)が・・・めっちゃツボです!

さて黒崎は、石垣をだますために会社員になるんですが、
そこで披露した流れるような英語
けっこう長いセリフ、じっくり堪能させてもらいました
何言ってるかよくわかんない、こういうのも萌えますね
すごくネイティブな発音というわけではないけど、一生懸命英語らしくしゃべろうとしている感じ。(キュン
でも「アローハ!」はアドリブだね(笑)

あとのほうでちょっとだけ関西弁も披露して、今回はバイリンガルなPちゃんです(笑)


自分のせいで石垣の部下を殺してしまった黒崎。
それを知るのは氷柱ちゃんの部屋のテレビですが、
このとき着ている服!グレーのVネック、大胸筋が!!
はい、もうそこばっかり気になって・・・(殴)

そのあとあの、桂木を殺しに行く大切なシーン!
このときの声が、濡れた髪が、震えてる肩が、いちいちツボ

「ふざけんな・・・
オレと同じ過去をもつ女に会わせて、どういうつもりだ。
最初からあの店に行かせるつもりだったんだろ。
あんたはいつもそうだ・・・ 何もかも知ってて、だけど何も言わずただ黙って見てる!
人間をコマにゲームをするのは、そんなに楽しいか?

答えろ!!」


(「ふざけんな」と「答えろ!!」が特に・・・


でも結局、桂木を殺せなかったのは、さくらさんや白石さんがいうように
ある意味では心を許しているからなのかも・・・

自分の人生は二重にも 桂木に操られていたと知った黒崎が、雨の中さけびをあげるあのシーン!!
映画館で見ると、音も画面も大きくて 臨場感たっぷり
この画面からは、Pちゃんの頑張りが、ガンガン伝わってきて感動・・・


そして、数少ない氷柱ちゃんとのシーン
「吉田さん・・・」「吉川です!」「心配してくれてたんだ・・・」
(近付いていって)「マジうぜぇ、びっくりした」
・・・とは言ったけど、黒崎にとって、こうやって心配してくれる人がいるっていうのは
かなり大きいことだと思うんだよなぁ~~~


それに今回は、みんな(特に大人の女性が。笑)黒崎にクロサギをやめるように言っていましたよね!

さくらさんとの病院のシーン。「あなたに復讐をやめてほしかった・・・」
「あの人から離れなさい!あなたは昔の私と同じ。お金も奪われて、今は心も奪われそうになってる!」
「復讐なんてやめて、新しい人生を歩きなさい!」
「他人に狂わされた人生だろ・・・」
(このときのPちゃんカッコイイ!)

早瀬さんと教会らしきところで2回目に会うシーン。
「クロサギやめるのも悪くないと思うけど?」
「あんたこそ早く嫁行けよ。オヤジの世話ばっかしてると、老けんぞ」
「大人の女の魅力を知らないのね・・・」
このセリフにドキッとしました(笑)(「知らないのね」だった!)
ホント、わかってほしいです。(お前が言うな!)

このシーンのあと、石垣を喰う決意をした黒崎。そこで「抱きセニョ」!
やっぱりこれが流れるとテンション

敵はシロサギ、警察、迫る時間。
タイムリミットは――― 午後3時。



ここで出る警備員の変装がカッコイイです(制服系にあう)
それにもう1つ!白いスーツに黒っぽいシャツを着て、走りながら 帽子を取って髪をグシャグシャ~ってするところ!
またもや大胸筋が~~!!
さらに運転シーンが~~!!
(このカメラワーク、まるで助手席に座ってるみたい!)

有名なエレベーターのシーンも臨場感いっぱい、ていうか音がスゴイ!

ここらへんで、赤い私服を着てPCの前で歯磨きしてるPちゃん、
左手で歯磨きするのね!

石垣と最後のシーンで、「お前もいつか潰される。いつかお前にも終わりが来る」といわれて
「終わんねぇよ・・・白が残ってる限りな」のアップが好き

ももかちゃんに金を渡しに行って、そそくさと帰ろうとしたら「あっ、足がつった!」っていうのはアドリブね(可愛い)
黒崎さんいい人だわ~
このときの、腕まくりをしてスーツ着てるPちゃん、めっちゃツボです~~!!

このあと、紅葉のきれいなシーン。(Pちゃんの立ち姿もキレイ)
「逃げてるとはいったけど、それが悪いとは思ってねぇし。
逃げたきゃ全速力で逃げればいいんじゃねぇの。特にあんなタヌキおやじからはさ」
「大事にすれば。15年間守ってきたもの」

ほんといい人だわ~~。霊感商法詐欺でのおばあちゃんへの接し方を思い出します。

でも車を直してるときのセリフ「かかれ系だよ。
お前次かからなかったら売っちゃう系だぞ。(エンジンかかって)・・・よっしゃあ!」

「よっしゃあ!」っていうときのガッツポーズがカワイイ~~~

ちなみに黒崎の車、ナンバーが「96-39」(くろ・さき?)


これまた数少ない神志名さんとのシーンでは、「桂」の前で
「もう2度とエレベーターは乗んねぇ。そんな気分だよ」
と言って中指を立てるところが男らしい



「また明日、また明日、また明日、また明日、また明日と 小刻みに時は過ぎ去り
ついには決められた最後の一瞬にたどりつく。
人は動き回る影に過ぎん」

「お前にはまだ綿貫は喰えないと思った。だから言わなかった。でも喰った。遇然だけど喰った。よくやった。
この勝負、お前が勝ったことにしてやるよ。俺を好きにしていい」

「今までどおり情報を売れ。オレは、クロサギをやめない。
もうひとつ――― 御木本の居場所を教えろ」

「御木本を騙すか、殺すか、そうすれば気が済むのか。
俺を殺せばそれで終われるのか。・・・それからどうするんだ?」



そしてラストシーンへ・・・
「もうだまされるなよ、シーザー」

「この世は芝居じゃねぇ。筋書きはオレが決める」

去り際に「バーン!」をやるPちゃん、かっこいい!


シェイクスピアが言ったとおり、人は動き回る影なら
オレは死ぬまで影でいい。
シロサギを喰いつくすまで・・・

―――オレはクロサギ。
動き回る・・・影。




Pちゃん映画初出演のこの映画がヒットすることを祈っています!

最後に、3回しかなかった笑顔シーンを
レイコさんに会いに行った病院で、「気付いたら終わってる」話を聞いて「ふふ・・」
オセロの練習中、綿貫に会ったとき 「ニコッ
「吉岡!」「吉田・・・吉川です!」「ふふっ」
(「吉岡」っていったとき、YUIちゃんかと思ってビックリしました!YUIちゃんの本名は「吉岡唯」)

氷柱ちゃんは、「バカって言う方がバカなんです!」のあとの「・・・バカ・・・」が可愛かったな(顔が恋する乙女でした)

そしてディレクターズ・カット版のDVD希望します(笑)

かなりの長文読んでくださってありがとうございました

Ciao♪

ランキングに参加中です^^

ジャニーズブログランキング
別窓 | 視聴覚室
| mon cher soleil★P |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。