The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
長い間待たせてごめん
2009-03-19 Thu 19:37
こんばちわ~

なんかいろいろ終わってしまってもぬけの殻・・・じゃなくて抜け殻になっているamiです
急になにもやる気が起きないというか
暇をもてあましているような状態です・・・

まあいろいろありまして更新が遅れました!
でもPちゃん新情報は特にないのでいいか?(涙)

卒業式前の数日間、過剰に緊張してたのでその意図がぷつっと切れたのもあり・・・
卒業式の前日に表彰式があって、私は成績のやつと皆勤で名前呼ばたんですけど、
それだけならよかったものを なぜか皆勤賞代表に選ばれ・・・
ステージに出て賞状をもらわなきゃいけなくて、そういうのやったことないのにー
(表彰に無縁な美術部・・・)
それでものすごく緊張してお腹が痛く(意外と弱っちい・・・)
しかも前の子が先生の礼法指導と全く違う賞状のもらい方をしててまた焦ったし・・・
とりあえず終わってよかったですよ。

卒業式はね、詳しいことは裏に書きますんで書きませんけど、
退場のときに入り口に先生たちが皆立って拍手してるのをみたらグッときました
(BGMは『長い間』)

今日は私が最近読んだ本とか漫画とか、かなりあるので紹介します~
(裏的な話題だけど裏には別のこと書くのでこっちに)



音楽
最近 秦基博(はた もとひろ)さんがマイブームです!
前から声がいいな~って思ってて、例のサイトでPV見たり、
CD借りてきたりしてハマリました♪

イチバン好きな曲は「鱗(うろこ)」!!
こんなタイトルなので(失礼)どんな難解な曲だと思ってたら
意外と爽やかで歌詞もわかりやすくていい曲でびっくり!
ピアノから始まる前奏がまたいいんですよね~~~

そういえば、私が好きな歌手ってだいたいみんな1人で歌う人ですよね~
YUIちゃんもそうだし。
あまり人が多いグループって好きにならないような・・・?
ああ、というかバンド系があんまり・・・だからかな?
もちろん好きな曲もありますけどね^^



受験前なのに結構本読んでましたね~(笑)
勉強しに図書館に行くんですけど、ついでに本も読んじゃうんですよね~
でもさすがにきっちり読むと勉強する時間がないので、
ほとんどナナメ読みです

『センセイの鞄』川上弘美
この人の本はほのぼの淡々としてる系らしいですね?
高校時代の先生と何十年後再会して、恋愛関係になるけれど・・・って言う話。
センセイ(主人公は再会した先生の名前が思い出せずこう呼びます)はかなりお年を召していますね(笑)
小泉今日子さんが映画でやった作品です。
谷川史子「積極」(マンガ)と似た感じで、ほんわかしてるけどちょっと切ないお話でよかったです。


『天使の梯子』村山由佳
前に「天使の卵」を読んだんですが、これはそれの続編。
春妃さんが亡くなってずっと、自分を責め続けている妹の夏姫は、以前の教え子である
慎一と再会して・・・というお話。
この中に出てくる、宮沢賢治の「告別」という詩はほんとにいいですね。私も好きになりました!
朗読が苦手な慎一が、夏姫先生が好きだといったこの長い詩を、
一生懸命覚えて発表したっていうエピソードがよかったです。
しかもそれを夏姫もわかっていて、「あれが告白だと思ったから」って言うのがいいですね~~


『ナラタージュ』島本理生
これは面白かったですね~~、もう一度ちゃんと読みたいと思ってます。
主人公・泉は、突然高校時代の演劇部の顧問・葉山先生から「今の演劇部を手伝ってほしい」という電話を受ける。
ずっと葉山先生に思いを寄せていた泉は、それだけが用件ですか?と聞くと、
先生は言う「いや、ひさしぶりに君とゆっくり話がしたいと思ったんだ」・・・というお話。
この話は出てくる男達がみんな自分勝手というか・・・見ててイライラするかも(笑)
この葉山先生も、なんだかんだ言って勝手なんですよね・・・
でも面白かったです。
切ないを通り越して痛い!って感じ。ズキズキきました。
でも最後がよかったな~・・・・私も泣きそうになりましたよ。


このラインナップ・・・・・どうやって私が本を選んだか丸分かりですね・・・


マンガ
『いつもポケットにショパン』くらもちふさこ
ちょうど古本屋にあったので買ってきて読みました!
名作なので読んでおかないとね~^^
私は小さい頃の麻子ときしんちゃんのエピソードが可愛くって好き
いつもは泣き真似するくせに、麻子が悪く言われたときは仕返ししてくれるきしんちゃん、
かっこいい~~~
最後にこのタイトルの意味が分かるところもいいですね~


『デザイナー』一条ゆかり
母曰く「不朽の名作」だそうです(笑)
作者はこのタイトルを「プライド」にするかで迷ったそうですが、たしかに「女のプライド」が
テーマの作品!「一番じゃなきゃ最低と同じよ!」という亜美の生き方はスゴイ
だんだんマンガ経験値が高くなってきた私は先がやや読めましたが、
このラストはこれでよかったと思います。こうなるしかないでしょ!
最後に朱鷺のお付きの人がムカつきました(笑)


『大島弓子選集』
厚い本で、『ミモザ館でつかまえて』をはじめいろんな名作が入ってる本です!
大島弓子が読みたかったんですけど古本屋にはなぜか全然なくて、やっと読めました。
一番のお気に入りは『夏の終わりのト短調』
あとは『F式蘭丸』、『たそがれは逢魔の時間』(大島さんの漫画のタイトルはきれいなのばかり!)
どれもこの人にしか描けないストーリーで、深~い意味があるところが魅力ですよね~


『イロドリミドリ』羽柴麻央
いっきに最近の作品にコレは今日読みました!
個性的で切ない感じだったので読みたくなって。
短編集ですが私は断然表題作が好き!アオリの「図書館で出会った少年の
切ない秘密とは・・・?」というのがまた惹かれたんですが、
この「秘密」がよかったですね~。
幽霊だとかいうのはありきたりだし、実は兄弟とかいうのではないし・・・
なかなか意外で、確かにせつなくて(最後の手紙のシーン)よかったです!


あと『トーマの心臓』『ポーの一族』も買って読みましたが、あまりに名作で語りきれないので書きません!


これからまたウチにあるマンガでよさそうなのを見繕って読もうと思います!
あ、「のだめ」は連載再開してよかったですね♪


ではでは、Ciao♪
別窓 | 雑記 | コメント:0
<<YUIちゃん活動再開~~~!! | mon cher soleil★P | 合格!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| mon cher soleil★P |

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。